Ko Tanaka 国連事務総長を目指す男ブログ

紛争解決のための勉強メモ

3分解説!アジアの国、パプアニューギニアってどんな歴史があるの?

2021年5月15日

今日の注目

f:id:globalissues:20210515124954p:plain

今日はアジアの国、パプアニューギニアってどんな歴史があるの?についてです!

3分で読める本記事の構成は以下の通りです。

パプアニューギニアの独立まで

パプアニューギニアという国がある島はもともと、アフリカのギニアという国と混合しないように New Guinea(ニューギニア)として1500年代に命名されました。

globalissues.hatenadiary.com

1800年代は、島の南東側はイギリスの支配を受け、島の北側はドイツの支配を受けます。

1900年代になるとイギリスの影響力がオーストラリアに受け渡され、第一次世界大戦のあいだにオーストラリアはドイツが支配していた領域も手にするんですね。

イギリスの支配をうけていた島の南東側は Papua(パプア) と改名され、ドイツの支配をうけていた島の北側とは異なる統治方法が実行されます。

第二次世界大戦のあいだには日本が両地域を占領したのですが、日本の支配は短命に終わり、オーストリアによる支配が復活すると、1949年に両地域が the Territory of Papua and New Guinea としてオーストラリアの管轄下におかれるんですね。

もともとオランダ統治をうけていた West Papua と呼ばれる地域は、インドネシアの侵略をうけたことで国連の管轄下に一時的におかれたのですが、結局インドネシア領になっています。

globalissues.hatenadiary.com

パプアニューギニアの独立後

1975年になるとパプアニューギニアは、オーストラリアから独立した国家となります。

しかし 1989年になると、パプアニューギニア国内にある Bougainville という島が独立を願って反政府軍事行動にでたんですね。

1994年にパプアニューギニア政府が "段階的な自治権反政府軍にあたえる" ことを提案するのですが、完全な独立以外受けいれたくない反政府軍はこの平和条約を拒否して争いを続けます。

1998年に両者のあいだで停戦が約束され、オーストラリアが平和維持を監視する役割を担うんですね。

Bougainville 島では独自の政府が設立され、そのうち新しい国として認められるであろうと言われているんです。

難民

オーストラリアにはこれまで、多くの難民が各地から逃げ込んできているんですね。

そういった事情から、2013年以降、パプアニューギニアナウルの島国に支援を提供することと引き換えに、オーストリア政府は難民にその両国で一時待機してもらう政策をとっていたんです。(Offshore processing といいます。)

でも待機場所の生活環境が人権保護の観点から問題になったり暴動がおきたりしたんですね。

そのため 2017年にオーストラリアは、パプアニューギニアの難民一時待機施設を閉鎖することを発表したのですが、難民申請を待っている人たちは待機を拒否しているのが現状なんです。

参考

BBC News, UNHCR