国際問題解説メモ

世界で今起こっていることを把握して自立するための学び場

海外ニュースから国際問題を解説!ロヒンジャ難民

2021年3月1日

今日注目の地域

f:id:globalissues:20201216004803j:plain

Myanmar

今日は、Myanmar(ミャンマー)がかかえるRohingya(ロヒンジヤ)難民についてです!

 

今現在多くの人がMyanmar(ミャンマー)から“難民”として逃げなくてはならない状況が続いています。

 

多くのイスラム教徒が、Myanmar(ミャンマー)で長い間迫害をうけていて、Rohingya(ロヒンジヤ)という人たちはそのイスラム教徒の中の一民族なんです。

Rohingya(ロヒンジヤ)の人たちは主に、RakhineというBangladesh(パングラデシュ)に近い地域に暮らしていたこともあって、Bangladesh(バングラデシュ)に多くのRohingya(ロヒンジヤ)難民が逃げ込んでいるんですね。でも、Bangladesh(バングラデシュ)の難民キャンプはすでに人であふれかえっていて、Malaysia(マレーシア)など他の国々にも船を使って多くの人が安全をもとめて逃げているんです。

 

2017年から悪化したこの状況ですが、Myanmar(ミャンマー)でのイスラム教徒に対する嫌悪は昔から続いているんです。Myanmar(ミャンマー)の大半の人が仏教徒ビルマ語を話すのですが、Rohingyaの人はイスラム教徒でバングラデシュ語を話します。(ちなみにMyanmarはもともと国名がBurmaで、1989年に現在のMyanmarに改名しました。だから言語名はBurmese)

 

この言語や宗教の違いから,、Rohingya(ロヒンジヤ)の人たちをMyanmar(ミャンマー)政府は国民として認めてこなかったんです。こういった状況からRohingya(ロヒンジヤ)の人たちは ”国家に属さない民族"という扱いを受け、パスポートも作れなければ、教育や医療機関へのアクセスもままならない状況におかれてきたわけです。

 

そこで2017に反撃に出たのがArakan Rohingya Salvation Army (ARSA)という組織で、Myanmar(ミャンマー)の仏教徒に対する軍事攻撃をはじめます。

で、Myanmar(ミャンマー)政府は ARSA をイスラム過激派のテロリストとしてとらえ、イスラム教徒の住む地域を燃やすなど過激な対応にでたんです。

 

この政府と反政府の争いが、今現在の難民であふれかえる状況を引き起こしているわけです。

 

ここで注目なのが、Myanmar(ミャンマー)の政治体制です。

首相であるAung San Suu Kyiアウンサンスーチー) という人は 2015年にMyanmar(ミャンマー)に民主主義をもたらしたことで評価を得たわけですが、そのうらで政府内では軍事勢力が強く残っているんですね。

Myanmar(ミャンマー)では民主主義が導入されるまでの長い間、軍事独裁政権が続いていたんです。なので、アウンサンスーチーによる民主主義の導入は軍事勢力を弱めることでもあるんです。いままで国を仕切ってきた軍部からしたら都合が悪いんですね。

 

そういった軍事勢力が強く残るMyanmar(ミャンマー)政府において、Rohingya(ロヒンジヤ)の人たちに対する過激な対応を止めるのが難しくなっているのです。

 

 参考

Al Jazeera, BBC News, Vox, United Nations

海外ニュースから国際問題を解説!インドとパキスタン紛争

2021年2月28日

今日注目の地域

f:id:globalissues:20201216205210j:plain

India-Pakistan

今日はKashmir(カシミール)地域での紛争についてです!

 

India(インド)とPakistan(パキスタン)の国境にあるKashmir(カシミール)という地域で、今現在も争いが起こっています。

 

なにが起こっているのでしょうか?

 

まず、India(インド)もPakistan(パキスタン)も1947年まではイギリスの植民地支配をうけていたんですね。で、1945年に終わった第二次世界大戦で疲れきったイギリスが1947年に植民地支配を手放していき、India(インド)とPakistan(パキスタン)という国がうまれました。

 

両国の国境を決めるときに基準にしたのが、信仰宗教です。

イスラム教を信じる人が多く住む地域をPakistan(パキスタン)、その他の宗教(多くはヒンドゥー教)をIndia(インド)としたわけです。

 

でもこのとき、イスラム教徒が多く住む地域で、ヒンドゥー教を信じる人がリーダーをしている地域があったんです。それがKashmir(カシミール)地域で、しかもIndia(インド)とPakistan(パキスタン)のあいだに位置しているんですね。

Kashimir(カシミール)地域は "両国にも属さずに自立したい"と主張したわけですが、両国はそれを許さない。

しかもPakistan(パキスタン)がKashmir(カシミール)地域を占領しようとしたんです。

Kashmir(カシミール)地域には川がとおっていて、大事な水源なんですね。

 

で、Kashmir(カシミール)地域はIndia(インド)に助けを求め、India(インド)は "India(インド)の一部になれば助ける” と主張したわけです。Kashmir(カシミール)地域がIndia(インド)側につこうとすると、Pakistan(パキスタン)が攻撃にでて、India(インド)とPakistan(パキスタン)のあいだで紛争になるんですね。

 

この状況をみかねて、国際連合がうごきます。

Line of Control (LoC) という境界が設定されて、両国の軍事行動を制限しようとしたのですが、紛争は終わりませんでした。両国はともにKashmir(カシミール)全域における権利を主張し続けます。

しかも、中国がKashmir(カシミール)の南側を占領し始めたんです。中国もKashmir(カシミール)地域に面していて、Pakistan(パキスタン)との経済的なつながりがあります。

 

India(インド)にとって中国の存在は脅威であり、この状況はPakistan(パキスタン)への攻撃を強める理由にもなるんですね。

 

国だけでなく様々な軍事組織がこの紛争に参加していて、相手国内で過激な軍事行動を繰り返しているわけですが、両国は "テロ行為を支援している” とお互いを非難しているんです。

国が市民を攻撃することは国際社会から大きな非難をあびるため避けられがちなのですが、軍事組織は市民を紛争に巻き込んでしまうんですね。

それで、国にとっては "敵の勢力が弱まることは嬉しい” わけで、そういった軍事組織をうらで支援している可能性を非難されているのです。

 

ちなみにPakistan(パキスタン)はIndia(インド)との紛争のなかで、もともとPakistan(パキスタン)の領土であったIndia(インド)の東側を失っているんですね。(その地域がBangladeshという国になります)

だからこそKashmir(カシミール)地域は失いたくないわけです。

 

India(インド)、Pakistan(パキスタン)、China(中国)、いずれも核兵器をもっている国であるため、紛争が悪化すれば世界全体に影響がおよびます。

 

参考

Al Jazeera, BBC News, Vox, South China Morning Post, The Economist, TRT World