海外ニュースから国際問題を解説!コレラに感染しないためにすべきことはなに?

2021年2月23日

今日の注目

f:id:globalissues:20210223183145j:plain

Cholera

今日は Cholera(コレラ)についてです!

3分で読める本記事の構成は以下のとおりです。

主な症状

Vibrio cholerae というバクテリアに感染することで Cholera(コレラ) という病気にかかってしまうのですが、10人に1人が深刻な症状にいたると言われています。症状としては、激しい下痢と嘔吐によって脱水症状になってしまい、はやい段階での治療が必要になってきます。

主な治療法

それでも、多くの人が Cholera(コレラ) になっても無症状であったり、oral rehydration solution (ORS) という方法で脱水症状下での水分や塩分をおぎなうことで、治療することができます。

主な感染経路

Cholera(コレラ) が広まってしまう原因としては、きれいな水へのアクセスと安全な下水施設が確立されていないことです。症状がなくても Cholera(コレラ) に感染している人は感染力をもっていて、その人が用を足した時に含まれているバクテリアが川や水源に流れて汚染をおこし、その水を使用したり川の魚を生で食べることで感染が広がります。

ちなみに、Cholera(コレラ) に感染している人に直接触れたりすることで感染することはありません。

主な予防法

国家規模の予防法としては、国連の The Sustainable Development Goals にも含まれているように、きれいなの水へのアクセスを増やしたり、下水処理のインフラ整備などがあり、Cholera(コレラ) を予防するワクチンも開発されています。

でも、このワクチンは感染を完全に防げるものではないので、個人の対策が一番効果的になってきます。

 

個人でできる対策としては、

1.料理前、食事前、トイレの後にせっけんでの手洗い、もしくは60%以上のアルコールを含んだ消毒液で手を殺菌すること

2.料理、飲み水、歯磨き、手洗いには水道水を避け、煮沸などで消毒した水やボトルの水を使う

3.ハエが Cholera(コレラ) のバクテリアを運ぶことがあるので、食べ物の保存方法に気を付ける

4.皮をむいていない生の果物や野菜、その他生ものを避ける

5.幼児が用を足した時にきちんと処理する

 

Cholera(コレラ)が流行している地域へ旅行に行くときなどは、上記のことに気を付けてコレラに感染しないよう予防しましょう。

 

参考

Global Health Media Project, Centers for Disease Control and Prevention, World Health Organization 

ーーーー

英語版

Cholera is a diarrheal illness caused by infection of the toxigenic bacterium Vibrio cholerae that spreads through ingesting food or water contaminated with the bacterium. 

Symptoms

Most Cholera patients do not develop any symptoms, but the bacteria can still spread to the environment for several days after infection. Some people experience mild symptoms in a few days after infection, and about 1/10 people experience severe watery diarrhea and vomiting, which can lead to dehydration and death without medical treatment.

Treatment

Cholera is treatable with oral rehydration solution (ORS) to cover dehydration, but it has to be taken care of immediately since dehydration can progress fast and requires replacement of the fluid and salts. 

There are oral cholera vaccines (OCV) for prevention, but it is not completely protective.

How it spreads

Lack of access to clean water and sanitation facilities, which allow the cholera bacterium to contaminate water by poop from a person infected with cholera bacteria. 

Eating raw food and drinking water contaminated with cholera bacteria are the major sources of infection. 

The bacterium does not spread through direct contact with an infected person. 

Prevention

Economic and environmental development that provides access to safe drinking water and adequate sanitation is essential. The Sustainable Development Goals include "The WASH solutions" for cholera prevention by ensuring use of safe water, basic sanitation and good hygiene practices.

Important practices for individuals are;

- Frequent hand-washing with soap and clean water or using hand sanitizer with at least 60% alcohol before cooking, eating and after using the bathroom.

- Use boiled, bottled or chemically treated water instead of tap water, ice cubes or fountain drinks for cooking, drinking, washing dishes, brushing teeth or making ice,

- storage food away from flies that can transmit the cholera bacteria

- safely dispose the children's poop 

- Avoid raw or undercooked food, including fruits and vegetables unless they are peeled.