3分解説!ブルキナファソでなにが起きているの?

2021年5月6日

今日の注目

f:id:globalissues:20210506055406j:plain

今日はアフリカにある Burkina Faso(ブルキナファソ) という国についてです!

3分で読める本記事の構成は以下の通りです。

Burkina Faso(ブルキナファソ) の歴史

ブルキナファソはもともと Upper Volta という国名で、フランスの植民地支配を受けていました。

1960年に独立国家となると、初代大統領は国民への手当を含む支出カットや増税などを行なったため、軍事クーデターによって大統領を下ろされます。

次の大統領は憲法を改正して大統領の座を保持できるようにし、10年以上大統領をし続けていたのですが、政府内の不満もたまってクーデターが起きて大統領の座を下ろされます。
1984年に国名が Upper Volta から Burkina Faso.に変更されるのですが、その後も大統領に対するクーデターが度重なり、不安定な政治情勢が続いていきます。

野党なしに選挙が行われたり、一人の大統領が長い間政権を維持したりする状況に対して2014年にも大規模なプロテストが起きました。

これにより、公正な選挙を実現するための移行期間を経て、今の大統領が選挙で選ばれたんです。

テロとの戦い

globalissues.hatenadiary.com

隣国の Mali(マリ) で2012年から紛争が始まると、その影響が Chad(チャド)Nigeria(ナイジェリア)Cameroon(カメルーン)、Burkina Faso(ブルキナファソ) といった近隣諸国へと及んでいきます。
紛争のために学校が閉鎖されたり、栄養失調に陥る子供たちが多くでたんですね。

ブルキナファソを含めた近隣諸国の軍隊は、al-Qaeda や ISIL (ISIS) といった過激派組織に対抗するだけの軍事力を持っていないため、2017年から共同でテロと戦っていくように団結しています。

国内でも農家と家畜業を営む人たちのあいだにもともとあった争いを利用して、過激派組織はそこで勧誘活動をすることで勢力を拡大しているんですね。

globalissues.hatenadiary.com

globalissues.hatenadiary.com

globalissues.hatenadiary.com

参考

Al Jazeera English, BBC News