海外ニュースから国際問題を解説!気温の高い発展途上地域に多いマラリアってなに?

2021年2月20日

今日の注目

f:id:globalissues:20210220163330j:plain

Malaria

今日は Malaria(マラリア)についてです!

3分で読める本記事の構成は以下のとおりです。

主な感染経路

マラリアに感染している人の血を吸ったAnopheles mosquitoという種の蚊が、寄生虫をほかの人の体内に運ぶことによってマラリアは広まっていきます。そのため、インフルエンザのように人と人との接触などでは感染しません。

主な症状

感染後は数週間から一年かけてインフルエンザと同様の症状を発症することが一般的なのですが、マラリアの影響の少ない地域から来た旅行者や幼児、妊婦などはマラリアに対する免疫が弱いため、重症化しやすいんですね。

主なマラリアの種類

マラリア寄生虫には

1. Plasmodium falciparum (most dangerous)

2. Plasmodium vivax (relapsing)

3. Plasmodium ovale (relapsing)

4. Plasmodium malariae

5. Plasmodium knowlesi 

などの種類があって、

Plasmodium knowlesi は動物から人へ感染することがあったり、

Relapsing となっている種は、感染後数年のあいだ体内に残り続け、無症状でも状態が悪化することがあります。

主な治療法

しかし、医療の発展のおかげでマラリアは基本的に薬の服用により治療可能です。マラリア寄生虫は複雑で変異を繰り返すのですが、最近では治療薬に加えて最も危険なPlasmodium falciparum に対応したワクチンも開発されています。2019年にはアフリカの数か国でワクチン接種が実施されています。

なんでマラリア発展途上国に多いの?

こうした医療の発展があっても、医療機関へのアクセスの欠如やマラリアを防ぐ対策プログラムを施行できない不安定な政治体制なども、発展途上国マラリアが残り続ける理由の一つなんですね。実際、ヨーロッパやアメリカ南部などではマラリアがかつて広がっていたのですが、医療インフラの向上によってマラリアを排除することができたんです。

 

マラリアの多い地域などでは、マラリアに発症することがインフルエンザに感染することのような感覚であることがあったりして、生活が不便になるような防蚊対策は広まらないこともあります。

 

国家体制の発展状況、現地の生活感に加え、アフリカ大陸ではマラリア寄生虫が治療薬への対抗を強めていたりするんですね。こうした理由からマラリアと人類の戦いは今だに続いているのです。

 

参考

Centers for Disease Control and Prevention, Healthline, World Health Organization 

ーーーー

英語版

Malaria typically is found in countries with high temperatures, for instance Africa, Latin America, Southeast Asia, and the Middle East.

How it spreads

Malaria is caused by a parasite when it is transmitted to human through Anopheles mosquito that has been infected through a previous blood taken from an infected person. Therefore, malaria is not spread from human to human, like flu. Although it does not spread through sex, and infected mother can transmit malaria to her infant in her body. 

Symptoms

High fevers, chills, muscles aches and other flu-like illness may be seen in a few weeks up to a year after infection.

Types of malaria parasites 

1. Plasmodium falciparum (most dangerous)

2. Plasmodium vivax (relapsing)

3. Plasmodium ovale (relapsing)

4. Plasmodium malariae

5. Plasmodium knowlesi in Southeast Asia, causing malaria that is transmitted from animal to human 

Relapsing malaria can remain in the body for years without symptoms and may reactivate later, which requires another treatment. Other malaria parasites are eliminated by a correct treatment. 

Treatment

Malaria can be more dangerous for people who have weaker immune system to malaria, such as young children under 5 years old, pregnant women and travelers from areas where malaria is not common. It, however, can be prevented and curable through antimalarial drugs thanks to medical development. 

In addition, while malaria parasite is complex and constantly changing, a vaccination was invented to reduce P. falciparum, and some countries in Africa began introducing the vaccine through the country's immunization program in 2019.

Lack of access to health care and medical resources and political instability to prevent establishing solid malaria control programs are significant reasons why malaria still spread in developing countries. In fact, Western Europe and the southern part of the United Sates were once areas where malaria was widely spread, but improvement of public heath infrastructure helped to eliminate malaria in the region.

Although one of the way to eliminate malaria is to distribute mosquito nets, but in areas where malaria is common and seen as common illness like flu, people may hesitate to protect themselves by any inconvenience to their lives. In addition, malaria parasites are increasingly resistant to antimalarial drugs in African continent.